私、女性ホルモンに支配されてた

最悪のケースをシミュレーションしながら総合病院の乳腺科に行ったあの日、異様に鮮やかな青空を私はにらみつけていた。写真は、いつかの6月に食べたフルーツパーラーフクナガのチェリーパフェ。
有馬ゆえ 2021.06.11
読者限定

こんにちは。

東京はまだ入梅前なのに、すっかり梅雨気分で気圧を憂えておりました。オハズカシー。Wikipediaによれば、梅が黄色く熟す時期の雨だから中国では「黄梅雨(ファンメイユー)」とも呼ぶんですって。かわいいね!

しかしながら、日々の気圧の上下に自律神経はメッタざし、来年の6月は仕事をゆるめたいとつぶやく今日この頃。単なる加齢でしょうか、それともこれが噂の更年期? などという季節に、佐賀新聞Fit ecruでの連載から過去記事「私、女性ホルモンに支配されてた」(2018年5月掲載)の加筆修正版をお送りします。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2228文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

過敏な鼻(1)
誰でも
さいしょののりものベビーカー
誰でも
スーパーの女
読者限定
コスモスの成仏
誰でも
赤い楕円(だえん)
誰でも
井戸端を旅して
読者限定
人工子宮の夢、あるいは妊娠日記
誰でも
女の人生スタンプラリー
読者限定